原付の保険|これが業界最高レベルのサービス・ラインナップ

原付の保険 ロードサービス

論より証拠、
まずはチューリッヒのロードサービスのラインナップをご覧ください。

サービス拠点は全国約8,000カ所、対応は24時間365日。
携帯電話GPS機能を利用して正確・迅速に現場へ急行。

ロードサービスだけでもチューリッヒにした満足が得られるでしょう。
まるで車両保険の一部が無料で付いているように感じるかもしれません。

     ◆ロードサービスラインナップ◆

       レッカーサービス         …レッカー距離、100kmまで無料
       レンタカーサポート        …レンタカー、24時間無料
       帰宅費用サポート         …搭乗者全員分の帰宅費用サポート
       ホテル代サポート        …搭乗者全員分の宿泊費用サポート!
       ペットケアサービス       …ペットホテル費用もサポート!
       キャンセル費用サポート    …キャンセル費用を50,000円まで補償!
       ピックアップサポート      …修理後搬送費用を全額サポート!
       カートラブルクイックサポート …応急処置は、時間の制限なく無料!


業界最高レベルのロードサービス こちら ネット割引最大7,000円【チューリッヒの自動車保険】

   

原付の保険 ロードサービス

チューリッヒの「原付特約」(ファミリーバイク特約)自体は標準的なタイプです。
本体自動車保険はリーズナブルな保険料、ハイレベルのロードサービスが特徴になっています。

チューリッヒはロードサービスで明らかに各社をリードしています。
「業界最高レベル」と言っていますが調べてみると実際「業界最高」です。
中でも、レッカーサービスは100Kmまで無料と破格のサービスです。

日本で初めて事故時のホテル代・タクシー代の補償などを実現した企業理念がロードサービスに生かされています。
24時間365日事故受付・専任担当者制・示談代行サービス・被害事故相談サービスなどの事故対応サービスで万が一の時にも安心です。


ハイレベルの安心と無料サービスがリーズナブルな保険料で実現
こちら チューリッヒ保険

ファミリーが原付に乗るなら迷わずにファミリーバイク特約

原付の保険 ロードサービス

ファミリーバイク特約は大変メリットの大きい特約で、これほどコストパフォーマンスの高い特約は他にないと言ってよいでしょう。

ファミリーバイク特約のメリットは数多くあります。

被保険自動車に「年齢条件・家族限定特約」などを付帯していた場合でも、ファミリーバイク特約には適用されません。
例えば自動車保険が30歳未満不担保の場合でも、ファミリーバイク特約では18歳のこどもがバイクで事故を起こした場合でも補償されます。

このほかにも
・他人から借りたファミリーバイクで起こした事故でも補償される
・ファミリーバイクの所有台数によって保険料は変わらない、つまり何打でもよい
・ファミリーバイク特約の対象となる事故を起こしても、翌年のノンフリート等級には影響がない
等のメリットがあります。

家族の誰かがファミリーバイク(125cc以下)を所有している場合や、頻繁に友人・知人のファミリーバイクを借りて運転する場合など、大変ありがたい特約です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■ファミリーバイク特約の追加は保険料節約のチャンス

ダイハツムーヴのファミリーバイク特約付の自動車保険を半額以下にしたことがあります。

保険料は 56,400円/年(損保ジャパン)24,010円/年(
このケースでは、特約無しから特約付きへの切り替えでも半額になったでしょう。

【無料】一括見積りでファミリーバイク特約付の保険料を比較し保険会社を切り替えた結果です。

この時使った無料一括見積りは「 【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり 」というサービス。

他にも使ったことのある中では、「 「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】 」が古くからあるサービスで安心して利用できます。

※「そんなに保険料が安くなっても大丈夫か?」「通販型にして事故の時など大丈夫か?」などについてはこちらをごらんくだっだい。 ⇒ 代理店を通さなくてもいざという時大丈夫なのか?

----------------------------------------------------------------------------------------------------

※車の話アラカルト
多くの人が中古を欲しがる軽トラックの買取りは、必ず複数の業者を競争させるようにしましょう。
ディーラーに下取りに出すなんてもったいなさ過ぎます。

このページの先頭へ