原付の保険|原付のバイク保険はリスク細分しかない!

原付 保険

原付の単独加入バイク保険なら、リスク細分型が絶対のおすすめです。

「原付なのに大きいバイクと同じ扱い?」
リスク細分型がおすすめの理由は、この不公平感が解消されることです。

リスク細分型は現在アクサダイレクトとチューリッヒ)だけですが、
原付の場合はこの2社以外に良い選択肢は無いと言ってもいいかもしれません。

チューリッヒは、走行距離 5,000km未満の保険料区分が
通勤・通学用の原付の保険料が割安にするでしょう。

アクサダイレクトは原付に走行距離区分は適用されませんが、
125cc以下の排気量区分がまさに原付向けの設定です。

この2社は通販型でもともと保険料が安いのですが、
使用目的、年齢、地域等のリスク区分もあり原付に最適だと言っていいでしょう。


原付でも業界最高レベルのロードサービスが付きます。 こちら チューリッヒのバイク保険

原付の保険|リスク細分型は現在2社

原付 保険

自由化から10年以上経ち、自動車保険の方ではリスク細分型が主流になっています。
しかしバイク保険には、2005年04月にアクサダイレクトが初めて発売するまで、リスク細分型のものはありませんでした。
その後チューリッヒが加わり、現在リスク細分型のバイク保険は2社の商品があるという状況です。

リスク細分型の登場により、週末の遊びにしか使わない、距離も乗らない、ゴールド免許である、バイクは趣味であるといった人たちにとって、とてもよい選択肢ができました。
中でも、原付向けの保険料区分は原付バイクにも単独加入の道を開いたと言えるのではないでしょうか。

バイク保険は自動車保険と同じで無事故が続けば等級が上がり保険料が割引になります。
4輪の車がある場合はファミリーバイク特約が圧倒的にお得ですが、
車のない場合は単独のバイク保険で安全運転に努めるということになるでしょう。

原付でも業界最高レベルのロードサービスが付きます。 こちら チューリッヒのバイク保険

リスク細分のしくみ


保険というのは、リスク(事故の確率と予想損害の大きさ)をもとに保険料が設定されます。
このリスクをより細かく分けて保険料を算出する保険が、「リスク細分型」です。

1998年の自由化前も車種・ドライバー年齢・事故歴などによる保険料の違いはありましたが、
自由化以降さらに細分化されたのが「リスク細分型」といわれる保険です。

原付 保険

当初は外資系の保険の代名詞のようでしたが、最近では国内損保会社でもリスク細分型が定着しつつあります。
中間コストのない通販とあいまって、自動車保険に画期的な価格の選択肢をもたらし、バイク保険の場合も原付利用者、優良ドライバーの保険料が安くなり、保険料の払いすぎを避けることができるようになりました。

リスク細分型の注意点は、すべての加入者の保険料がリスク細分によって割安になるわけではないことです。
リスク細分型の場合、事故率の高い区分に属した加入者はそれまでより保険料が高くなる可能性があるということも認識しておく必要があるでしょう。

リスク細分型のメリットは、事故率の高い加入者のために、事故の少ない加入者までが割高な保険料を負担しなければならないという理不尽感が解消できることでしょう。
「通販・リスク細分は事故の少ない人を集めて安くしている」という言い方がありますが、少し偏った考えだと思います。

事故確率の高い人であれば、補償を受けるには保険料の高い保険でも仕方がないということになるでしょうが、
事故確率の低い人にしてみれば、優良者が多く全体的に保険料負担が低い保険に加入したいと考えるのは当然のことだと思います。

リスク細分型によって日本にも原付利用者など優良なドライバーのための本当に良い選択肢ができたと思います。


<自動車よもやま話>
軽トラを売る時には完全に売り手市場であることを理解しておきましょう。
貴重な中古軽トラを買取したい業者はたくさんいます。

このページの先頭へ