ファミリーバイク特約 「人身障害型」を選べばより安心

原付 保険

ファミリーバイク特約では、本体の自動車保険に搭乗者障害特約が付いていてもそれが適用されません。

125ccバイクなどタンデム利用の原付もあることなどから、主契約が人身障害付きの場合にファミリーバイク特約でも「人身障害型(人身型、人障型)」を選べる保険会社が増えています。

「人身障害型」は、本人、家族、他人のいずれでも実損害額が補償されますので、搭乗者傷害の不適用がカバーされます。

ただし、主契約と同様にファミリーバイク特約でも「人身障害型」を選ぶと保険料は割高になります。

保険会社によっては「人身障害型」を選べない場合もありますが、交通傷害保険や生命保険でカバーするというリーズナブルな方法もあります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■ファミリーバイク特約の追加は保険料節約のチャンス

ダイハツムーヴのファミリーバイク特約付の自動車保険を半額以下にしたことがあります。

保険料は 56,400円/年(損保ジャパン)24,010円/年(
このケースでは、特約無しから特約付きへの切り替えでも半額になったでしょう。

【無料】一括見積りでファミリーバイク特約付の保険料を比較し保険会社を切り替えた結果です。

この時使った無料一括見積りは「 【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり 」というサービス。

他にも使ったことのある中では、「 「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】 」が古くからあるサービスで安心して利用できます。

※「そんなに保険料が安くなっても大丈夫か?」「通販型にして事故の時など大丈夫か?」などについてはこちらをごらんくだっだい。 ⇒ 代理店を通さなくてもいざという時大丈夫なのか?

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ファミリーバイク特約 利用状況によってタイプを選ぶ

原付 保険

原付バイクの利用状況ごとにファミリーバイク特約のタイプや他の保険でのカバーを考えて見ましょう。

●通学だけに利用 ⇒ 「自損型」 「自損型+傷害保険」

対人・対物・自損事故が補償される「自損型」で大丈夫なのではないでしょうか。

追加保険料が年間6千円~1万円程度と大変経済的で、原付にぴったりです。
自損事故以外のケガなどが心配であれば交通障害保険等でカバーする方法もあります。

家族が多い場合は「ファミリー交通障害保険」などのお得なタイプも選ぶ方法もあります。


●通勤と仕事だけに利用 ⇒ 「自損型」

労災でカバーされる通勤と仕事だけの原付利用であれば「自損型」で十分だと考えられます。
生命保険に加入している場合はなおさらです。


●レジャー使用、2人乗り使用 ⇒ 「人身型」を考えた方がいい?

人身傷害保険が適用される「人身型」を選べば運転者、同乗者のケガなどもカバーされます。

基本的に主契約(自動車保険)で人身傷害保険を契約している必要があります。
(※保険会社によって取り扱いが異なりますので確認が必要です。)



ファミリーバイク特約

51cc~125ccの原付バイクは、法定速度60kmで2人乗りも可能になります。
50cc以下の原付と同じような使用目的であれば、ファミリーバイク特約も「自損型」でいいのかもしれません。

2人乗りをしツーリングも行うなどの使用形態の場合は、
人身傷害型の特約を選んだ方がいいのかもしれません。

保険料は高くなりますが運転者・同乗者のケガ等が本契約と同様に補償されることになります。

人身傷害型は主契約に人身傷害保険がついている場合に選ぶことができます。
(※本契約と連動で人身傷害型になる所、選択で人身傷害型にできる所など各社で取扱いが違いますので確認が必要です。)


「人身傷害型の保険料が気になる」、「主契約に人身傷害が付いてない」
そんな場合は、主契約の自動車保険を今より安いものに切り替えてはどうでしょうか。

代理店型から通販型への切り替えなら人身傷害型を付けてもおつりがくるかもしれません。


◆車の査定売却のコツ
軽トラック買取りの相場は他の軽自動車よりずっと高いのが普通です。
何しろ中古の需要が大きいのに出回る軽トラックの数がとても少ないからです。

このページの先頭へ